手足口病とは?症状(写真)Top >  写真大人症状 >  手足口病「情報隠し」!

スポンサードリンク

手足口病「情報隠し」!

手足口病「情報隠し」に批判が高まっている。

安徽省阜陽市にて児童20人死亡。
この手足口病にたいして当局の「情報隠し」に批判が高まっている。

詳細は2008年4月28日、安徽省阜陽市で手足口病が流行。

この結果、児童1199人が感染し、20人が死亡となる事件があった。
実は阜陽市では3月中旬より手足口病の流行していた。

しかし当局の発表が遅れた。

このため流布が広がり、
「子供のSARSではないか」
「鳥インフルエンザではないか」

など、適切な対策が捕とられていなかった。

手のひら、足の裏および口腔内に特有の 水疱水疱(すいほう)性の発疹。

原因は主に腸管 ウイルスウイルスであるコクサッキーA群16。
その変異型およびエンテロ ウイルスウイルス71の感染。
コクサッキーA群5、7、8、10、コクサッキーB群2と3、
エコーウイルスの感染もあり。

原因 ウイルスウイルスが数種類。

感染経路感染経路は
・咽頭分泌物に含まれる ウイルスウイルス
・ 飛沫感染飛沫感染(空気感染)
・便に排泄(はいせつ)された ウイルスウイルス
・経口経口感染

感染が最も強いのは 急性急性期で。
回復後も長期(2〜4週)にわたり便から ウイルスウイルスが排出され、感染源となる。

毎年6〜9月に流行。
2〜3年ごとに大流行。

最近日本では1988年、1990年、1995年に。

1997年にはマレーシア
1998年には台湾で。

心筋炎や 急性急性脳炎などの 合併症合併症による死者。

日本でも1997年と1998年の流行時、
手足口病の経過中に死亡、
重篤重篤(じゅうとく)な神経症状を合併した例があり。

かかりやすい年齢は1〜5歳。
成人にも感染。

成人例では皮膚症状が強く現れる。
一般に症状は年齢がすすむにつれて軽くなる傾向。

潜伏期は3〜4日。

全経過は1週間程度。


{PR}

スポンサードリンク

関連エントリー

手足口病とは?症状(写真)Top >  写真大人症状 >  手足口病「情報隠し」!